新着情報

No thumbnail available

シェアハウスで救われる人は必ず存在するという確信

なぜなら自分がまさにそうだったから。 20代後半~30代前半。 それは、休みといえば、水曜の午前だけというくらい少なく、 労働時間は、電車で帰ったのが年に5回くらい(つまり、それ以外は毎日タ...
1 12 13 14
札幌のシェアハウスBUIE公式フェイスブックページBUIE公式インスタグラム