新着情報

シェアハウスとは?Vol.3~友達とルームシェアをしてはいけない理由~
    2016/9/28
  • 0 Shares
  • 595 Views

 

シェアハウス運営の仕事をしていると、「シェアハウスやってました!」と話しかけてくれる人がいるのですが、よくよく話を聞いてみると「あ、それはルームシェアだね」となることが結構あります。

 

そこで今回はルームシェアとシェアハウスの違いを紹介しようと思います。友達とルームシェアを考えているみなさん、必見です。

 

シェアハウスはオーナーさんと別に物件を運営する事業主が存在する

 

ルームシェアの場合は友達同士など私的な関係で成り立っていますが、シェアハウスはその物件を運営することにより収益を上げている事業主が存在します。

 

事業主のやることって?

 

入居者は物件のオーナーではなく、物件を運営する事業主と個別に賃貸借契約を交わし物件に入居します。

 

事業主は物件を維持・管理するためのハウスルールをつくったり、清掃をしたり、物件の修繕をしたり、イベントを開いたりして入居者がより快適に暮らせるよう努力します。

 

ルームシェアだとこの辺りは自分たちでルールを決め、当番制でまわしたりすることが多いのではないでしょうか?

 

シェアハウスは事業主がその手配を担当してくれたりするわけですね。

 

友達とルームシェアをしてはいけない理由

 

さて、今回の本題です。

 

友達とルームシェア、と聞くとワクワクしますよね。

 

仕事が終わったら帰って仲のいい友達と毎日飲み明かす。会社でイヤなことがあったら聞いてもらう。休みの日は遊びに行ったり、DIYしたり、映画を観たり。

 

そんな毎日が過ごせるんだろうなぁ・・・

 

なんて思ってる人はだいぶ甘いです!甘々です!!

 

いっしょに暮らすとイヤなとこも全部共有しないといけない

 

この記事を読んでくださっている方で同棲を経験したことがある方はいますか?同棲をする前もルームシェアをする前とワクワク度合いは同じだと思います。恋人とずっといっしょの時間を過ごしたくて、いっしょにいたくてしょうがなくてどちらかの家で、もしくは家を借りて暮らし始める。

 

でもそこで必ずぶち当たる壁があります。

 

「いっしょに生活する上で相手のいやな部分をなおしてもらうか、自分を押し殺して我慢するか

 

という壁です。

 

言えば関係が壊れるかもしれない、でもずっといっしょにいるんなら言わなきゃいけない、我慢して自分を押し殺していっしょに暮らしてずっといっしょにいれるのか?などグルグル考えちゃいますよね。

 

でもこれってずっといっしょにいようと思ってる恋人が相手だからこんなに考えるわけです。

 

話をルームシェアに戻しますね。いっしょに暮らすのは仲のいい友達です。友達といえどもずっといっしょに住むわけじゃないですよね。恋人ができれば家を出るかもしれないし、結婚すればもちろん出るだろうし。

 

そして、仲のいい友達といえどもいっしょに暮らすとなると、いやな部分は出てくるわけです。当たり前ですよね。これまでそんな姿見たことなかったんだから。泊りならまだしもずっといっしょに暮らすとなると自分の毎日の生活に関わってきます。

 

掃除を当番制にしたが自分以外の時が明らかに汚い、でも本人的にはやりきった気持ちでいる。お風呂が長い。使い終わった食器を元の位置に戻さない。共用のテーブルがいつも汚い。などなど。

 

ルームシェアをする友達というのは、もちろんただの友達ではなく、仲のいい友達ですよね。その友達との仲よし度合いを仮に100としておきましょう。いっしょに暮らすとなるといいところもよりわかりますが、いやなところのほうが目につくんです。仲が良かったからこそ!

 

なので仲良し度合いは100から平行線をたどるか、残念ながらたいていの場合下回ってしまいます。

 

ルームシェアはすぐには解消できない

 

そんなこんなでルームシェアを解消しよう!と思い立ったとしましょう。

 

そこで冷静に考えてください。ルームシェアは多くの場合普通の賃貸借契約ですよね?契約期間を見てみるとだいたいが2年間なんです。

 

シェアメイトのいやなところに耐え切れなくなったり、「ルームシェアはもういいかな~」と思って家を出ようとしても最低でも2年間はルームシェアを続けなければなりません。

 

我慢して1年間過ごすのって結構きついですよね~。

 

交流を求めている方へ。シェアハウスは1か月からでも入れますよ!

 

セルフステマみたいな記事になってしまいましたが、これは本当です。

 

1人暮らしや実家暮らしに飽き飽きしてきた方へ。

 

人との交流や、帰ってからの「おかえり」、いろんな可能性、いろんな選択肢に出会えるのがシェアハウスです。友達とのルームシェアも面白いとは思いますが、人生の幅をグンと広げてくれるのはシェアハウスです。

 

知らない人、全く興味のなかった世界にただ生活しているだけで関わることになり、思いもよらない道が拓けます。

 

シェアハウスは1か月から住むことができて、もし自分に合わなければすぐに出ることができます。初期費用も普通の賃貸よりも安く抑えられますよ。

 

ルームシェアを検討している方はぜひシェアハウスも見てみてくださいね~

 

BUIEシェアハウスを見てみる

 

札幌のシェアハウスBUIE公式フェイスブックページBUIE公式インスタグラム