新着情報

シェアハウスとは?Vol.2~年齢層や実際の暮らしは?~
    2016/9/26
  • 0 Shares
  • 417 Views

 

Vol.2ですね。自分でもびっくりです。

 

シェアハウスの案内をしていると、一番多い質問が「どんな人が住んでるんですか?」と「どうやって生活してるんですか?」というものです。

 

シェアハウス生活がまったくイメージできない人もわかりやすいように要点をまとめてみたので、シェアハウスがちょっとでも気になる方は読んでみてくださいね。

 

・どんな人が住んでるの?

 

「起業してコミュニケーションもバリバリとれて、おしゃれな人」のような超人はめったにいません。(まれに現れます)

 

住人の方で多いのは

 

・普通の社会人(会社員)の人←一番多数派ですね

・個人事業主や自分の会社を持って働いている人

・海外での居住経験がある人

・欧米、アジアなどからの外国人留学生

・観光やビジネス目的の数か月~数年緒短期滞在外国人

・英語の勉強をしている社会人

 

08e8ffbe41eef66dcbb5

 

僕自身フリーランスの経験があるのですが、気付いたら一日誰とも話してない!っていう状況になりがちなんですよね。そういう方には「リビングに行けば誰かしらいる」というのはかなりいい環境なのではないかと思います。しかも国際色豊かな交流ができちゃいます。

 

・年齢層や男女比は?

 

年齢層としては、25~35歳の人が一番多いです。若い方だと19歳、上になると50歳の方もいらっしゃいます。

 

男女比としては「出会いが多そうだから、という理由で男性が多いのではないか?」と考える人がいらっしゃるのですが、実際は女性が5~6割になっています。女性のほうが暮らしを共有することに抵抗がある方が少ないようですね。

koyanagi-e1385983554511

あとは「学生がワイワイやっているのがシェアハウス」というイメージを持ってる方もいるみたいですが、BUIEに限らずシェアハウス内での学生の比率は5%になっています。

 

個人的にはもっと社会人と学生が交流できるシェアハウスが増えてもいいと思ってるのですが、オーナーさんの許可が取れなかったりで、学生が入居している割合は少ないですね。ちなみにBUIEは学生さんでも入れますよ!

 

・どんな生活をしているの?

 

毎日飲み明かして、語り合って、イベントをして、、、なんてことはなく、いたって普通に生活しています。

 

生活リズムは人それぞれ。自立した大人としてみなさん生活しています。

 

もちろんリビングで会ったら自然に会話が生まれますし、いろんな話もします。仕事で疲れたらその愚痴も話せるし、それこそ自分の将来の話だったり、「何か面白いイベントやらない?」というワクワクする会話だったり、他愛もない漫画など趣味の話だったり、いろいろな交流が生まれます。

2014-04-08 20.22.32

 

・トラブルは起きるの?

 

自分の考えを持った大人が共同生活をするとなると、やはりトラブルが起きることもあります。そこで大事なのが運営事業主さんの管理の姿勢です。

 

そこで運営事業主さんの良し悪しを見極めるポイントをご紹介しますね。(運営事業主が言うのもなんですが)

 

1,担当者の訪問頻度

 

一番大事になってくるのは「運営事業主さんの訪問頻度」です。

 

管理担当者は実際にシェアハウスを訪れて、トラブルの芽を見つけ出します。メールなどで苦情をもらうこともありますがその時点で事業主としての対応は遅いですね。

 

「キッチンの使い方が汚い入居者さんがいる」

「彼氏or彼女を毎日のように連れ込んでいる」

 

などなど。

 

入居者さんとのコミュニケーションが頻繁にとれている、入居さんとの関係性がきちんと築けている管理者さんだと安心です。実際の物件を見に行ったときに、案内してくれた方と入居さんとの距離を見るのも大事なことですね。

 

ただし、シェアハウスは自治されている、というのが自然なスタンスです。管理者さんは「気持ちよく暮らせるような仕組みづくり」が仕事ですので、なんでもかんでも管理者さんにお願いするのは筋違いです。

 

2,できるだけ事前に物件見学を行う

 

シェアハウスへの入居を考えている場合は、物件を事前に見学し、運営事業主さんともよく話した上で入居することをお勧めします。そのときに管理者さんと入居者さんとの距離をはかるのも大事ですし、入居者さん同士の雰囲気をつかむのも大事です。

 

管理者さんとも話してて合わなければ、その後トラブルが起きた時も満足いく対応をしてくれないことがありますので、ぜひ自分の目で見極めてみてください。

 

・生活するうえでのルール

 

基本的に人としてきちんとしていれば大丈夫です。ハウス毎にルールが決まっている場合が多いですが、

 

・共用部分はきれいに使いましょう

・夜11時以降は洗濯機を回さないでください

・食器を洗った後は水切りに置いておくのではなく、元の位置に戻しましょう

・自分の部屋では大音量で音楽を流さない

 

などが主なルールです。

 

次の人、いっしょに住んでいる人のことを考えて、思いやればできる当たり前のことです。

 

もし守らない人がいて、生活に支障が出るようなことがあれば運営事業主さんに相談してみてください。

 

 

札幌のシェアハウスBUIE公式フェイスブックページBUIE公式インスタグラム